半導体製造装置稼働管理システム RealTimePMSS


サーバーと装置をLANで接続し、稼働状況や稼働時間を常に監視し、必要な時に閲覧・管理することができます。

RealTimePMSSはWebブラウザを利用して管理できるため、サーバーから離れた場所や詰所での管理を行うことができます。

サーバーにデータベースを配置し、各ラインごとに測ったデータをサーバーに送信。データの一元管理機能を追加することができます。これによって、より高度な統計処理や、トレーサビリティを実現できます。

・機能

装置の稼動状況がリアルタイムで確認でき、稼働率の向上が計れます。
Webブラウザを利用した管理ができるため、管理の場所を選びません。
(サーバーを設置する必要があります。)
稼動時間の詳細な分析ができ、問題点の解決が容易に行えます。